YouTube playback on Linux

AV,PC Mar 02, 2019

NASとして使ってたサーバのマザーボードを交換してCoffee Lakeベースにした。ARM系で良かったのかもしれないけど、Linuxのdriverのサポートでamd64系が無難そうというのと、今回からテレビにも繋いで動画見る用途でも使ってみようと考えてARM系にしなかった。CPUとして採用したPentium G5600はUHD630 (3e91)というGraphic coreが組み込まれている。最終的にはYouTubeとかのネット動画再生環境として満足できる環境になったが、色々カスタムで入れないと動かなかったので、そのメモ。

ポイントは二つ:
drm-tip
Gnome-Wayland

まず現時点のDebian busterのデフォルトカーネル4.19で試す。Xorgのvesa driverでしか動かなかった。その環境のLXDE上のchromeでYouTubeを見ると、酷い動画再生品質に驚いた。tearingというキーワードでLinuxの動画再生環境ではよく話題に上がっている問題が起きている。現象としては、カメラがパンして背景全体が動く場面で画面の真ん中に水平に切れ目ができる。V-sync(垂直同期)がずれる。DAOKO×中田ヤスタカ「ぼくらのネットワーク」で顕著にtearingが見られた。

Window manager (composer) がV-syncに大きな影響を与えてるらしい。LXDEのような軽量DEではなくGnome/KDEを使うことがtearing解決のまず一歩のようだ。そしてXorgではなく、構造上tearingが起きにくい設計になってるWaylandというdisplay serverを使うことも推奨されてる。DebianはbusterでWaylandをデフォルトにしているので、これを機会に、stretchからbusterにアップグレードした。

% unman -a
Linux 4.19.0-2-amd64 #1 SMP Debian 4.19.16-1 (2019-01-17) x86_64 GNU/Linux

Xorgのvesa driverでは動いたが、Waylandは動かなかった。Kernel 4.19.16のDRM driverがまだUHD630に対応してない?

/var/log/messages
gnome-shell[1984]: Failed to create backend: Could not find a primary drm kms device

ここで最新のDRM driverのレポジトリであるdrm-tipを試してみる。drm-tipは最新のカーネルに組み込まれた形で開発されていて、cloneすると、その中でカーネル全体をコンパイルできる。この時点のdrm-tipではkernel 5.0.0-rc7。

まず、kernel treeとは別にIntelから配布されてるfirmwareをinstall。

apt-get install firmware-misc-nonfree
git clone git://anongit.freedesktop.org/drm-tip
cd drm-tip
cp /boot/config-4.19.0-2-amd64 .config

.configを編集

CONFIG_DRM_I915=m
CONFIG_FW_LOADER=y
CONFIG_EXTRA_FIRMWARE="i915/kbl_dmc_ver1_04.bin i915/kbl_huc_ver02_00_1810.bin i915/kbl_guc_ver9_39.bin"
CONFIG_EXTRA_FIRMWARE_DIR="/lib/firmware"

後は通常通りmakeして出来た.debをinstall。

make oldconfig
make deb-pkg LOCALVERSION=-custom

Browserはchromeを使う。

Gnome-Waylandの環境で、YouTubeはVsyncが破綻することなく綺麗に再生できるようになった。

 

% uname -a
Linux 5.0.0-rc7-custom #6 SMP Fri Feb 22 00:58:02 CST 2019 x86_64 GNU/Linux


% lshw -class video
*-display
description: VGA compatible controller
product: 8th Gen Core Processor Gaussian Mixture Model
vendor: Intel Corporation
physical id: 2
bus info: pci@0000:00:02.0
version: 00
width: 64 bits
clock: 33MHz
capabilities: pciexpress msi pm vga_controller bus_master cap_list rom
configuration: driver=i915 latency=0
resources: irq:124 memory:a0000000-a0ffffff memory:90000000-9fffffff ioport:3000(size=64) memory:c0000-dffff


% lspci -nn -v
00:02.0 VGA compatible controller [0300]: Intel Corporation 8th Gen Core Processor Gaussian Mixture Model [8086:3e91] (prog-if 00 [VGA controller])
Subsystem: ASUSTeK Computer Inc. 8th Gen Core Processor Gaussian Mixture Model [1043:8694]
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 124
Memory at a0000000 (64-bit, non-prefetchable) [size=16M]
Memory at 90000000 (64-bit, prefetchable) [size=256M]
I/O ports at 3000 [size=64]
[virtual] Expansion ROM at 000c0000 [disabled] [size=128K]
Capabilities: [40] Vendor Specific Information: Len=0c <?>
Capabilities: [70] Express Root Complex Integrated Endpoint, MSI 00
Capabilities: [ac] MSI: Enable+ Count=1/1 Maskable- 64bit-
Capabilities: [d0] Power Management version 2
Capabilities: [100] Process Address Space ID (PASID)
Capabilities: [200] Address Translation Service (ATS)
Capabilities: [300] Page Request Interface (PRI)
Kernel driver in use: i915
Kernel modules: i915

AudioはUSB-DAC経由で出してる。それに必要なkernel configは

CONFIG_SND_HDA=y
CONFIG_SND_USB=y
CONFIG_SND_USB_AUDIO=m

さらに、HDMIに音を乗せるには多分これらが必要。(使ってないので未確認)

CONFIG_SND_HDA_INTEL=y
CONFIG_SND_HDA_CODEC_HDMI=y
CONFIG_SND_HDA_I915=y

さらに、今までremote loginでしか使ってなかったせいかもしれないが、videoとsoundを機能させるためには以下のgroup設定が必要だった。

sudo adduser Debian-gdm audio
sudo adduser Debian-gdm video
• • •

XLD: X Lossless Decoder

Mac,Music Jun 16, 2015

xld256

Museの新しいAlbum、DronesのCDがAmazonから届いたのでiTunesにimport。AmazonではCD買うと自動的に256kbps mp3バージョンも付いてくるので、物理的にCD届く前からそれ聞いてた。losslessと音質的に区別付かないけど、家のオーディオではlosslessで聴きたい。意味無いな.. (ABXtestやってみても、なかなか区別付かない。)

しかし、CDからiTunesでimportしたアルバムは、11曲目のThe Globalistの8:20秒あたりでひどいノイズが入ってしばらく無音になる。Importのoptionでerror correction onにcheck入ってるけど、エラー訂正されてる気配無し。エラー訂正出来る範囲を超えてエラーが出てるって事か。何回やっても全く同じ箇所でノイズが入る。しょうがないので、Finder上でDrag&DropでCDのtrackをコピー(つまり、data fileとして)したらようやくまともにエラー無しでrippingできた。それをiTunesにimportし、さらにlossless変換。

iTunesでのCD importは、エラーがあってもそのままっていう仕様らしいという事が今回の件で判明。そんな気がしていた(equalizerの設定でノイズを出してしまうようになった以前に、、)けど、今までrippingしたCDの枚数を考えるとちょっとショック。

Finder上でDrag&DropでWAVにして、それをまたlosslessに変換するのは面倒。ripping errorを回避してさらに直接Apple losslessに変換してくれるripping toolがないか探したら良いのがあった。XLD。日本の方が開発されてるフリーソフト。ポイントは、エラー訂正機能つきのripper。そして、rippingされたfileのhashをAccurateRipデータベースと比較して、bit by bitの一致を確認できること。

CD rippingのwork flowが前よりスッキリした。

  1. XLDでripping (Apple Lossless)。AccurateRipのエラーが無いことを確認。
  2. Jaikozでmetadata修正。(XLDでもMusicBrainz参照できるけど、より正確なrelease idのmetadataを使いたいので)
  3. iTunesでFile->Add to library。

XLDの出来は寄付してしまうほど素晴らしい。

XLD CD rippint preference

ちなみに、cd driveはMacBook Proに外付けでPioneerのBDR-209DBKを使用。これはデスクトップ内蔵用だが、USB-SATAインターフェース経由でケース無しのむき出しで使ってる。家で使うだけなら、安いし頑丈でMobile用のを選ぶ理由は無い。

• • •

noise with iTunes

AV,Music Jan 31, 2015

音楽の再生にはMac OSX 10.10.2でiTunesを使ってる。encodeはAppleLossless。ここしばらく、なんか音が歪んだりノイズが入って再生される事が頻繁に起きてた。shuffleで再生してるので、CDから読み込み時に問題のあった普段聴かない曲が偶然再生されたのかと流してた。

時間ができて、それら問題のあった曲を読み込み直した。しかし問題が解決されないどころか、CDから直接iTunesで再生しても同じノイズがでる。ところが、VLCとか他の再生ソフトでは問題が出ないことを確認。これはiTuneの問題だった。

時期からして、どうやら iTunes 12.0.1.26 からこの問題が出始めたよう。bugreport.apple.com にレポートしといた。最近出た 12.1.0.50 でも同じ問題を引きずってる。

解決方法はiTunesを使わない事となる。僕の場合は iTunes ecosystem から離れては生きていけない環境なのでその選択肢はない。しかし方法があった。BitPerfect。これは iTunes をインターフェースとしては使うけど、音の経路としてはiTunesを完全にバイパスする。以前使ってたけど、AirPlay環境で難があったので使うのをやめてた。今回使ってみたら、結構問題なくAirPlayで使えてる。

今回の件で、Equalizer off や SoundCheck off、volume 最大でも iTunesは音をいじってるというのがはっきりした。

BitPerfect、かなり良い。

BitPerfect

 

Update 2015/5/28:

iTunesのノイズの原因はEqualizerだった。メニューのWidow->Equalizer。Equalizerは曲のGetInfo->optionでしか設定できないかと思ってて、それがoffになってるのしか確認してなかった。今日Widow->Equalizerってメニューがあるのに気付いた。普段は使わないけど、何かのテストでオンにしてそのまま忘れてたらしい。なので、iTunesじゃなくて、自分が原因だった。元の曲のレベルが上限近いと、Equalizerでその帯域を上げるとクリッピングしてノイズになる。もしEqualizerを使う場合は実用上0より下にしか下げることが出来ないということ。ネット上で、iTunesのEqualizerに関する情報が結構あるけど、つまみを0より上げてるのはクリッピングノイズでひどい音になるはず。

• • •

Eisley and London Grammar live

Music Apr 24, 2014

ここ最近行ったライブ記録。写真はiPhoneで適当に撮ってるだけだが、雰囲気ぐらいは分かるかな。

 

London Grammar : 3/18/2014 @ Granada Theater

この前の週にAustinのSXSWに来てた。iTunes Festivalとして生でstreamingされたのがすごく良かったので楽しみにしてた。このときのは今でもiTunesでただで見れる(view in iTunesをclick)ので、Coldplayのliveと共に是非。で、実際に生で見たライブ。すごく良かった。派手な曲はないので、静かに盛り上がる感じ。まだアルバム一枚だけで曲が少ないが、これからが楽しみ。

London Grammar live in Dallas 3/18/2014

 

 

The Sounds : 4/18/2014 @ Granada Theater

曲も良いし、バンドの演奏も良い。ボーカルがお下品過ぎ。The Sounds live in Dallas 4/18/2014

 

 

Merriment : 4/19/2014 @ Trees

Eisleyのオープナーとしてお約束のCollin&Christie DuPree。去年あたりかな、正式にMerrimentという名前が付いた。最近出たばっかりのSwayという1st full albumは結構気に入ってる。サポートのドラムとベースがちゃんといる初めてのライブ。

Merriment live in Dallas 4/19/2014

 

 

Eisley : 4/19/2014 @ Trees

彼女らは去年一斉に子供生んだので、しばらく振りのライブ。僕としては通算5回目くらいか。向かって左のギターの一番上のお姉さんChauntelleはメインでは歌わないので、ちょこっと歌うだけで今までは会場が盛り上がったりしてたんだが、今回は一曲フルで歌った。Millstone。CD聞いててなんかちょっと雰囲気違うなと思いながらも、Chauntelleが歌ってるとは気づいてなかった。全体的に、演奏も音もボーカルもすごく楽しめた。

Eisely liven in Dallas 4/19/2014

 

 

Mogwai : 4/23/2014 @ Granada Theater

2,3年前に見たよりも、客がちょっと減った気が。今回は後ろに下がって見てたせいか、音がかなり良かった。Mogwaiのライブの音は、家では絶対出ない。そういう点でライブの価値があるけど、ちょっと盛り上がりに欠けるか。でも、こういうのがMogwaiらしい。

Mogwai live in Dallas 4/23/2014

 

 

ところで実際見たライブとは関係ないが、最近ライブDVDのLive at Metropolisを久々に見てからMetricを再発見してそればっかり聞いてる。JimmyのギターとEmiliyのボーカルかなり好きだ。もちろんベースのJoshとドラムのJoulesもだけど、全体的に曲もパフォーマンスもほんと良い。

• • •

PS3 laser unit

AV Mar 12, 2014
BGM: A Walk / Tycho

KES-400A

Rocksmith 2014やってたら突然フリーズ。Rocksmithはバグが多くて不安定という評判だが、うちでは今まで一度も不安定になった事はなかった。電源も落ちないので、裏の電源スイッチで電源落とした。再起動するとXMBまでは普通に立ち上がった。しかしRocksmithがXMBに出てこない。試しに他のBlu-rayとかDVDのdisc入れたがどれも駄目。discを読めなくなったらしい。

ハードの故障っぽいのでファイルシステムとか関係ないと思うが、それで直ったという報告もネットにあったのでセーフモードメニューの3番目にあるファイルシステムの修復も試す。何も改善せず。

ネットの情報によると、レーザーユニットの故障の可能性が高いらしい。うちのPS3はCECHG01という型番で注文するレーザーユニットはKES-400A。$16.95+送料$2.99で合計$19.94。筐体開けるのにT10 torx driver with holeも注文したが、マイナスドライバーで開いた。

交換方法は以下のビデオが参考になった。かなり簡単だった。

交換後は、元通りに普通に動くようになった。

• • •
Ippei813 top
August 2019
S M T W T F S
« Mar    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Original Wordpress Themes by priss, customized by Ippei