timezone in Exif

Photo May 11, 2008

Exif の撮影時間情報に timezone の記録が無いのはかなりの欠点だと感じる。timezone を移動しながら写真を撮ると、後で写真を見た時に現状の Exif DateTime ではそこに記録されてる時間がほんとは何時なのか分からなくなる。

検索すると同じように考えてる人は見つかるが、そんなに大きな声にはなってないようだ。地理的にや DST で timezone を跨ぐ機会の多い日本以外の多くの国の人はもっと不満を持ってるかと思ったんだが。それとも何か良い方法があるのか?

一般ユーザーとしては、Exif の規格をまとめてる方々が僕が問題だと思ってるこの問題をどの程度認識してるか知る由も無いので、とにかくデジカメメーカー経由で Exif の規格拡張を要望してみようかと思う。

問題点
現在のExif2.2の規格では、日時の記録に於いてtimezoneの概念が無い

提案
Exif に、新な項目として世界標準時(UTC)と timezone を追加。例えば日本の 2008/5/10 午前8時なら、UTC 2008:5:9 23:00:00、 timezone +0900。現 Exif の DateTime は互換性維持のため、引き続き今までと同じように使う、または項目のみ維持。

以下は現在の Exif の日時記録で問題が起き、提案のExifの拡張でそれが解決できる具体例です。

  • 問題例1
    多くの国で Daylight Saving Time (DST、夏時間)が導入されています。切り替えのときには、カメラの DST on/off 設定を自分で切り替えます(Nikon)。その切り替えた前後1時間の範囲で撮った写真を PC に取り込み、Exif の DateTime でソートするとそれらの写真の順番は錯綜します。(アメリカの春の切り替えでは、2am に時計を1時間戻して 1am にするので、1amから2amが2回続く。仮に1:10amの写真があったとして、それが DST 切り替え前の1:10amか切り替え後の1:10amなのか判断付かない。) ユーザーが期待するソート結果は、物理的な時間の流れに沿ったものです
  • 問題例2
    北米やヨーロッパ等大陸を車や鉄道で移動していると、いつのまにか timezone が変ります。zone が変ったのが気付いたときにカメラのワールドタイムの zone 設定を切り替えますが、ここでもやはり上記問題例1と全く同様の問題が生じます。ユーザー側の使い方の問題が事態をさらに複雑にするのですが、後で一連の写真を見たときにどのタイミングでカメラの timezone 設定を切り替えたか判断付かず、Exif の DateTime の記録が正しいのかそれとも間違ってて実はずれたままなのか分からなくなる。
  • 問題例3 (参考まで)
    GPS logger の GPS 緯度経度情報を Exif の GPS 情報として記録するユーザーが増えてきています。GPS から送られてくる情報は主に、緯度、経度、GPS timeです。標準時 である GPS time と Exif の DateTime から緯度経度を後にPCのソフトでマッチングさせるのですが、Exif には標準時で時間が記録されてないため、timezone のオフセットを手動で設定しなければなりません。Exif だけの情報で標準時に於ける撮影時刻が分かれば、手間も間違いも大幅に減少します。
• • •

Canon PowerShot S10

etc,Photo Apr 20, 2008

Cannon PowerShor S10Cannon PowerShor S10 ASIC

デジカメ歴は 1999 年に買った PowerShot S10 から始まった。デジカメ以前に、自分でカメラ買ったのはこれが初めて。S10 を選んだのは、当時はまだカメラや写真に疎かったので、実家にあったフィルムの EOS や F1 Williams のスポンサーだった頃のイメージからカメラは Canon と植え付けられてた。そして、S10 が一番コンパクトで機能も満足行くものだったから。

それ以来コンパクトデジカメは、Sony Cybershot U20、Konica Minolta G400、Fujifilm F50fd と買い替えており、一眼も Nikon D200 を買った。こうして振り返ると、いろんなメーカーのをまんべんなく買ってる。。新しいのに買い替えてもバックアップとしてしばらく置いといたが、3台目を買った時点でさすがにもう使わないので PowerShot S10 は分解してみようと思ってた。引越ししたときに行方不明になってたのが最近出てきたので、早速実行。

PowerShot S10 は今からすると、かなりデカイ。それでも作りは複雑で、大量のネジを外して、知恵の輪を解くように良く観察しながら分解。中身は大きく3つのエリアに分かれており、真ん中にレンズ/センサーユニット、左にバッテリー/CFカードスロット、右に3段重ねの PCB。

まだ DIGIC ブランドは使われてなかったが、この Canon のページによると自社開発の映像エンジンを PowerShot S10 に初めて搭載し、それが 2002年からの DIGIC に進化という記述がある。分解した PCB を見ると、FH4-1367 と FH4-1368 という連番の part number が付いてる TI と NEC の BGA package の chip が目立つ。違うメーカーなのに連番という事は、この part number が Canon 社内のもので、これらの chip は Canon が TI と NEC に発注した ASIC という事だろう。どうやらこの「0世代目 DIGIC」は主にこの 2 chip 構成のようだ。2 chip 以上に現世代のはその他諸々の汎用品部分も取り込んで、PCB はかなりシンプルになってるのではないかとは思う。

あと何枚か分解写真を Picasa に置いた。物撮りの環境がある訳じゃないのでかなり適当に。

• • •

East Coast road trip

拡大地図を表示

2週間程、主にアメリカ東海岸沿いを車で旅行してた。今写真を整理してるとこで、Flickr には少し upload した。旅行記はそのうちまとめようと思ってる。

今回は GPS logger の DG-100 で軌跡を大体記録してた。それが上の Google Map (kml の容量減らすためにかなりポイントは減らした)。旅行中は、車でもMTBでも歩きでもかなり適当に知らない場所をうろついたんだが、GPS log のおかげで実際どこを通ってたのかを、後で振り返って正確に把握出来てほんと面白い。

GPS logger の一番の目的である写真への Geotagging も問題なく完了。一日のうちに似たような景色の違う場所の写真をたくさん撮ったが、これらはメモとか無しに Exif の GeoTag で場所が特定出来る。

• • •

geotagging on raw photos

JPEG への gpsPhoto.pl での geotagging は確認したが、NEF でも同様に問題ないのを確認した。手順はこんな感じ。

  1. カメラから Lightroom の import で取り込み
  2. gpsPhoto.pl で Lightroom で取り込まれた .nef に直接 geotagging
  3. Lightroom 上で geotagging された .nef を表示すると、Exif の欄に gps という欄が追加されて、そこに GeoTag 情報が表示される (12/22/2007追記: metadata は写真の import のときにデータベースに記録されてるので、このように後から変更したときは Metadata->Read Metadata from Files をやらないと更新されないようだ。。。)
  4. jpeg に export すると、その jpeg にも自動的に .nef の GeoTag 情報が引き継がれる

Exif をいじる tool はカメラメーカー独自 tag を壊したりするのもあるらしいが、gpsPhoto.pl (perl の Image::ExifTool) は問題なさそうだ。

ところで、web site の写真の Exif を確認するのに Firefox の FxIF っていう extension を Mac でも Windows でも使ってる。しかし、Windows only だけど IExif の方が高機能。特に GeoTag 付き写真から Google maps へコンテキストメニューから飛べるのは便利。

IExif

• • •

GPS logger + Google maps


This Google map was created with GPX Google.

昨日 Evanescence の live で Nokia Theatre に行ったが、そのときに初めて DG-100 を試しに使ってみた。DG-100 を車の中に巧く置ける場所が無かったので、ドア側の肘のとこに置いてた。受信環境としては良くない割には精度良く電波受信してる。(75マイルくらいで走ってるのに30秒間隔で logging したのでかなり間隔が飛んでしまった。)

駐車場のどこに止めてたかまで分かってしまう。ところで、この Google maps のデータだとまだ Nokia Theatre は建設中だ。。

iPhone で撮った写真に gpsPhoto.pl で geotagging するのも試してみた。これは使い勝手がいい。option 豊富だが、こんな感じで使えた。

gpsPhoto.pl \
  --dir photo_directory \
  --gpsdir GPX file directory \
  --tz-guess=zone.tab \
  --timeoffset=guess

旅行に行くといつもかなり適当にうろうろして、後からどこ通ったか思い出せない事がしょっちゅうあるんだが、GPS logger があれば完璧。これはもう旅行に行くときの必需品だ。

• • •
Ippei813 top
June 2018
S M T W T F S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Original Wordpress Themes by priss, customized by Ippei