2TBx3 RAID5

3枚 platter 2TB の WD20EARS-00MVWB0 を3個購入。これで、今まで使ってた 320GB x 4 のRAID5 を置き換える。このドライブは sector size が 今までの 512byte ではなくて 4Kbyte となっているために、最初の partition は 64 sector または8の倍数 (8=4K/512)から始めないと disk access が劇遅になるらしい。何も考えなければ普通は 63 sector から partition が始まる。これさえ注意すれば扱いは今までの 512byte sector HDD と同様。

MD RAID、LVM2 の設定はほぼ最初と同じ。マザーボードに SATA が 6 port あるので、新しいハードディスクを 2個だけ繋いで degraded array の状態で前の disk からコピーした。

disk の partition を切るのに、実は GPT (GUID Partition Table) で始めた。というのも、4K sector の disk の partition の切り方をサーチするとどれも parted で GPT を使った切り方しか説明してなかった。parted を今まで使ったことなかったからそういうもんだと思ってたら、後々 grub-1.97 が GPT をサポートしてなくてブートできないことが分かってまた全部やり直す羽目になる。結局 parted で msdos partition table を使ったんだが、fdisk で切っても問題無かったという事。

Data を全部コピーして、grub を新しい disk の mbr にインストール。

# grub-install /dev/sdd

grub.cfg を update。(新しい環境が /target に mount されてる。)

# chroot /target
# update-grub

これで、grub が新しい /boot を起動出来る様になったが、kernel が md を認識せず root を mount 出来なかった。これは initrd を構築し直さないといけなかった。Debian は以下で initrd が再構築出来る。古い環境の方から新しい環境を /target に mount した状態から、

# chroot /target
# dpkg-reconfigure linux-image-2.6.26

これで、無事起動した。移行完了後の df。

Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/vg01-root
                       1032088    294080    685580  31% /
tmpfs                   500428         0    500428   0% /lib/init/rw
udev                     10240       700      9540   7% /dev
tmpfs                   500428         0    500428   0% /dev/shm
/dev/sdc2               306079     61152    229123  22% /boot
/dev/mapper/vg01-home
                     103212320  15257348  82712092  16% /home
/dev/mapper/vg01-tmp  10321208    154252   9642668   2% /tmp
/dev/mapper/vg01-usr  10321208   4584432   5212488  47% /usr
/dev/mapper/vg01-var 3720211672 797296220 2733939532  23% /var

今まで使ってた Maxtor DiamondMax21 320GB、何も問題なく3年半連続稼動した。

• • •
Ippei813 top
July 2010
S M T W T F S
« Mar   Oct »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Original Wordpress Themes by priss, customized by Ippei