noise with iTunes

AV,Music Jan 31, 2015

音楽の再生にはMac OSX 10.10.2でiTunesを使ってる。encodeはAppleLossless。ここしばらく、なんか音が歪んだりノイズが入って再生される事が頻繁に起きてた。shuffleで再生してるので、CDから読み込み時に問題のあった普段聴かない曲が偶然再生されたのかと流してた。

時間ができて、それら問題のあった曲を読み込み直した。しかし問題が解決されないどころか、CDから直接iTunesで再生しても同じノイズがでる。ところが、VLCとか他の再生ソフトでは問題が出ないことを確認。これはiTuneの問題だった。

時期からして、どうやら iTunes 12.0.1.26 からこの問題が出始めたよう。bugreport.apple.com にレポートしといた。最近出た 12.1.0.50 でも同じ問題を引きずってる。

解決方法はiTunesを使わない事となる。僕の場合は iTunes ecosystem から離れては生きていけない環境なのでその選択肢はない。しかし方法があった。BitPerfect。これは iTunes をインターフェースとしては使うけど、音の経路としてはiTunesを完全にバイパスする。以前使ってたけど、AirPlay環境で難があったので使うのをやめてた。今回使ってみたら、結構問題なくAirPlayで使えてる。

今回の件で、Equalizer off や SoundCheck off、volume 最大でも iTunesは音をいじってるというのがはっきりした。

BitPerfect、かなり良い。

BitPerfect

 

Update 2015/5/28:

iTunesのノイズの原因はEqualizerだった。メニューのWidow->Equalizer。Equalizerは曲のGetInfo->optionでしか設定できないかと思ってて、それがoffになってるのしか確認してなかった。今日Widow->Equalizerってメニューがあるのに気付いた。普段は使わないけど、何かのテストでオンにしてそのまま忘れてたらしい。なので、iTunesじゃなくて、自分が原因だった。元の曲のレベルが上限近いと、Equalizerでその帯域を上げるとクリッピングしてノイズになる。もしEqualizerを使う場合は実用上0より下にしか下げることが出来ないということ。ネット上で、iTunesのEqualizerに関する情報が結構あるけど、つまみを0より上げてるのはクリッピングノイズでひどい音になるはず。

• • •

No Comments »

No comments yet.

Comments RSSTrackBack URI

Leave a comment

Ippei813 top
November 2018
S M T W T F S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Original Wordpress Themes by priss, customized by Ippei