昔作ったウェブサイトの近代化 https

web Mar 17, 2020

10年以上も前に作ったウェブサイト、以前よりも訪問してくる人が減ってませんか? それはhttps対応かどうか、スマホ対応かどうかが関係しているかもしれません。特にhttps対応は5分でできる様な簡単なものなのでやらない手はありません。方法を具体的に紹介します。

Let’s Encrypt

cPanelの中にLet’s Encryptという項目があると思います。それを開いてEnableをクリックすると、もうhttpsでアクセスできる様になります。

理解する必要は無いんですが、これでTLS/SSL証明書を取得して、それをサーバーにインストールする作業を自動的にやってくれたことになります。

301リダイレクト (httpからhttpsへ)

サイト内部のリンクはhttpからhttpsに自分で書き換えられますが、外部のはそうは行きません。そこで昔からのhttpでアクセスされた場合に自動的にhttpsへリダイレクトする様にします。.htaccess に以下を追加します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !=on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301,NE]

内部リンクの更新

html内でhttp://で記述してる内部リンクを全部https://に自分で書き換えます。ついでに外へのリンクもほとんどのサイトはhttpsに対応してるので、書き換えておきましょう。

wordpress

Dashboardの中のSetting->Generalの中にあるURLをhttpsに書き換えます。

httpsのサーチランキングとの関わり

サイトアドレスのhttps://かhttp://によって検索に現れる順位が影響を受ける事を、Googleは公式ブログに於いて2014年の時点で公にしてます。具体的にはhttp://のアドレスは安全では無いサイトと認識されて、ランキングが下がってしまうという事です。

以上、すごく簡単にウェブサイトをhttps化できるという事を紹介しました。ではでは。

関連記事

• • •
• • •

1 Comment »

  1. […] 10年以上も前に作ったウェブサイトの近代化、前回のhttps対応に次いでやっておいた方が良いスマホ対応のやり方。ここではすでに現在使ってるCSSを最小限の改変で対応する方法を説明します。 […]

    Pingback by 昔作ったウェブサイトの近代化 スマホ対応 | Ippei813 Nikki — March 22, 2020 @ 1:53 am

Comments RSSTrackBack URI

Leave a comment

Ippei813 top
September 2020
S M T W T F S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Original Wordpress Themes by priss, customized by Ippei